個人的に好きな言葉集(ことわざ、格言)

あなたも中国・上海赴任する前に、日本にも勇気付けられたり、考えさせられたり、戒めとして使ったり、座右の銘にしているような言葉があったかと思います。中国で人から教わって興味深く、また面白いな~と思った言葉をご紹介します。

なんかいいんですよね。中国語って

lù yáo zhī mǎ lì rì jiǔ jiàn rén xīn
路 遥 知 马 力 日 久 见 人 心

旅の道のりが遠ければ馬の力が分かる。人と長く付き合えば人の心が分かってくる。なんかこの言葉は本質をついてますよね。表面だけや印象でなく自分は人間を磨かないといけないですしね。長く付き合っているとどうしても隠しているボロは出てきますからね。

yǒu péng zì yuǎn fāng lái bú yì lè hū
有 朋 自 远 方 来 不 亦 乐 乎

友達が遠くから来てくれたので、この上なくうれしい。これは孔子の名言です。現在でも遠方の友達と久しぶりに会って食事するときの挨拶によく使われています。

qíng rén yǎn lǐ chū xī shī
情 人 眼 里 出 西 施

西施(春秋時代)は王昭君(前漢)貂蝉(後漢)楊貴妃(唐)と並んで中国四大美人の一人です。 恋人の眼の中では誰でも西施(美人)に見える。  あばたもえくぼという意味です。

luó bo bái cài gè yǒu suǒ ài
萝 卜 白 菜 各 有 所 爱

大根や白菜はそれぞれ好みによって好きな人もいるし嫌いな人もいる。蓼食う虫もすきずきという意味です。

huáng shǔ láng gěi jī bài nián méi ān hǎo xīn
黄 鼠 狼 给 鸡 拜 年  没 安 好 心

イタチがニワトリに新年の挨拶をするなんて、なんか安心できない。普通イタチはニワトリを狙って追いかけるのに、なんか別の企みがあるのではないかということを意味しています。いつも奥さんは旦那さんに対して冷たく接しているのに、今日は急に優しくなった時など使えそうですね。

wàn shì jù bèi zhǐ qiàn dōng fēng
万 事 俱 备 只 欠 东 风

全ての準備は整った。あとは東風を待つだけだ。という三国志の赤壁の戦い中で諸葛孔明がいったセリフです。全部準備は整ったけど大事なものが欠けているという意味です。結婚式の披露宴ですべての来賓はそろったが、新郎新婦がまだ現れていない状況など使えそうですね。

zhú lán dǎ shuǐ yī cháng kōng
竹 篮 打 水 一 场 空

ザルで水をすくっても、水は落ちてなにも残らない。言い換えるとやったことが無駄になってしまうという意味です。一生懸命好きな人を追いかけて努力したのに、ほかの人に取られてしまった時など使えそうですね。

jiǔ bù zuì rén rén zì zuì
酒 不 醉 人 人 自 醉

酔っているのはお酒のせいではありません。自分で酔っているのです。酔う酔わないは自己責任。しっかりと自己管理いたしましょう。

táng láng bǔ chán huáng què zài hòu
螳 螂 捕 蝉 黄 雀 在 后

カマキリがセミを狙っている後ろで真鶸(マヒワ)がカマキリを狙っている。目の前の利益ばかり考えていると自分の危機が分からなくなるという意味です。投資もしないでコスト削減ばかり考えて、利益を追求しているうちに強大なライバルが台頭してきたことに気づいていない社長に使えるかもしれませんね。

qīng chū yú lán ér shèng yú lán
青 出 于 蓝 而 胜 于 蓝

緑の色は藍から作られるがその緑は藍より鮮やかである。弟子が師匠を超えるという意味です。中国・上海に赴任してきた後輩がいつの間に、中国語もうまくなっているし、事情通になっているときなど使えるかもしれません。